ここから本文です

専門家に聞く、犬に食べさせてはいけない物とは? ペットのNG食材をまとめてみた

8/11(金) 9:10配信

ねとらぼ

 家族でもあるペットにどんなご飯をあげればいいか、というのは飼い主さんにとって重要な問題ですよね。うちのワンコに、人間と同じご飯をあげてもいいの? それとも市販のドッグフードの方がいいの? 気をつけなくてはいけない食材は?

【リスト】犬に与えてはいけない食べ物

 本当のところを、松波動物病院 動物看護・トリミング統括部長の山下さんに聞きました。

●ドッグフードと人間用の食品、どちらが良いでしょう?

 どちらを推奨するかといわれると、ドッグフードを推奨します。

 手作り食が悪いわけではありません。手作りの方が食材の産地や鮮度を把握できますし、保存料の心配もいりません。しかし、栄養バランスを考えなくてはいけなくなります。栄養バランスは年齢や持病によっても調整しなくてはいけないので、それができるのであれば、手作りでも全く問題はありません。

 ただ、栄養バランスの調整は、そんなに簡単なことではないと思うので、ドッグフードを推奨しています。特に「総合栄養食」と表記されたドッグフードを推奨します。それだけ与えていれば栄養バランスが取れるというフードです。

●絶対食べさせてはいけない食品

 やはり、人間にはOKだけれど、犬には毒という食品もいろいろあるそうです。ペット栄養学会学会誌の資料と山下さんの話を総合して、食べさせてはいけない食品をまとめました。思ったより、たくさんの食品がダメなんですね。

・ネギ類(タマネギ、長ネギ、ニンニク、ニラ、らっきょうなど)
・チョコレート、ココア
・アボカド
・キシリトール
・レーズン(ぶどう)
・ナッツ系

 犬猫共通で気をつけたいのがネギ類。タマネギ、長ネギ、ニンニク、ニラ、らっきょうなどのネギ属が含まれる食品を与えると、下痢、嘔吐、量が多ければ、貧血、血尿が起こるそうです。熱を加えても毒性は消えないそうで、特にタマネギはシチューや肉じゃがにすると、形が見えなくなってしまうので、注意が必要だそうです。人用のベビーフードもタマネギが含まれていることがあるので、注意が必要です。アボカドもネギ属と同じような症状を引き起こすそう。場合によっては死に至ることもあるそうです。

 チョコレートもワンちゃんには有害です。原因物質はチョコレートに含まれる苦み成分テオブロミン。人が接種すればリラックス効果が得られるというこの成分、犬は分解が遅く薬効が強く出てしまいます。個体差、量によって違いはあるものの、食べてから数時間後に、嘔吐、下痢、落ち着きのなさ、失禁などの症状が出るそうで、量によっては突然死に至ることも。ちなみに、チョコレートに含まれるテオブロミンは、競走馬では禁止薬物となっているそうです。

 そして、歯にいいイメージがあるキシリトール。これを犬に与えると低血糖や肝障害を引き起こします。キシリトールガムを誤って食べないように注意が必要です。さらに、レーズン(ぶどう)は腎障害を引き起こし、ナッツ系は嘔吐などを引き起こすそうです。

●おみそ汁ご飯は、ダメですか?

 地域によって異なるようですが、筆者のイメージでは犬まんま=“おみそ汁ご飯”。しかしこれは、塩分が多いため犬には良くないそうです。人用に味付けされたみそ汁は犬に対して、過剰な塩分摂取となってしまいます。具材に気をつけた上で、人では味がしないくらい薄めたものなら問題ないと思いますとのこと。

 かわいいワンコに健康に毎日を過ごしてもらうためにも、NG食材の知識をつけて、毎日おいしいご飯を食べさせてあげてください!

最終更新:8/11(金) 9:10
ねとらぼ

Yahoo!ニュースからのお知らせ