ここから本文です

晃さん発見から1年 大和さん家族は

8/11(金) 19:26配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

熊本地震で行方不明になった当時大学生の大和晃さんが阿蘇大橋の崩落現場近くで発見されて11日で1年です。
大和さん家族は支えてくれた人たちに感謝しながら去年とはまた違う夏を過ごしています。
今月9日、新阿蘇大橋の建設現場に大和さん家族の姿がありました。1年ぶりに発見された現場を訪れたいという家族の願いが特別にかなえられたのです。
「自分たちは黄色いものをずっと捜していたので黄色い花を供えることができれば」(父・卓也さん)
家族の思いが実を結び、地震から4ヵ月後に再開された晃さんの捜索。卓也さんたちはその捜索をここから近い場所で見守りました。そして今年。晃さんが発見された場所に家族は晃さんが乗っていた車の色と同じ、黄色い花と母、忍さんが折った折鶴などを手向けました。そして、晃さんが家族のもとに戻ったあの日から1年という、この月日をふりかえりました。
「(苦しいとき)顔を上げれば周りで自分たちを支えて下さっているっていうのが見えるので感謝をしつつ、そういう方たちの支えがあってつらい日々を乗り越えられてきたような1年ですね。」(母・忍さん)
「(晃さんを)見つけて連れて帰ることが出来て自分たちは安心はできているので今は少しは落ち着いている。周りの方がいろいろ関わりを持ってくれたこと、それにお返しができるようなことがあれば今度は自分たちが何らかの形でお返しをしていくということを考えてやっていきたい」(父・卓也さん)
大和さん家族は地震後、初めて晃さんと一緒にお盆を迎えます。

RKK熊本放送

最終更新:8/11(金) 19:40
RKK熊本放送