ここから本文です

結核・肺がん検診の受診票未送付 静岡市、1万人に

8/11(金) 8:15配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡市は10日、市内に住む65歳以上に送付している結核・肺がん検診受診票について、葵区の7地区計1万198人に未送付があったと発表した。

 市保健所によると、未送付だった地区は服織、服織西、中藁科、南藁科、賤機中、賤機北、松野。8月上旬、各地区で検診を行っている市委託の医療機関から「受診する人が少ない」と市に連絡があり、ミスが発覚した。担当職員による確認不足が原因で、発送済みと思い込んでいた。

 受診票は法的に送付義務はないが、市は受診率向上と健康長寿を目指して毎年、対象者に送付している。市は複数人による確認体制の確立など再発防止に努めるとしている。

静岡新聞社