ここから本文です

【ROAD FC】ミノワマンvsユン・ドンシク、日韓レジェンド対決が決定

8/11(金) 15:35配信

イーファイト

 9月23日(土・現地時間)韓国・忠州(チャンジュ)市の忠州世界武術公園で開催されるMMA(総合格闘技)イベント『ROAD FC 042』にて、ミノワマン(41=フリー/本名は美濃輪育久)vsユン・ドンシク(43=韓国)のミドル級ワンマッチを行うことが発表された。かつて共に日本のPRIDEで活躍した日韓のベテラン戦士が拳を交える。

【フォト】階段の手すりを利用して絞めの練習をするミノワマン

 ミノワマンは1996年にプロデビューし、実に100戦を超えるキャリアを誇る。これまでにパンクラス、DEEP、PRIDE、HERO’S、DREAM、IGF、ROAD FCなど国内外の多くのリングを経験。2009年のDREAMスーパーハルク(無差別級)トーナメントでは、体格で大きく上回るボブ・サップ、チェ・ホンマン、ソクジュを破り優勝した実績を持つ。

 特に2003年から参戦したPRIDEでは、リングネームを本名の美濃輪育久から現在のミノワマンに変えてブレイク。勝利後にリング四方の観客に向かって拳を突き上げ、「オイ! オイ!」と叫ぶパフォーマンス(スタンディング・リアル・フィストと呼ばれている)などが人気を集めた。

 対するドンシクは柔道で世界選手権銅メダルの実績を引っさげ、2005年4月のPRIDEでプロデビュー。桜庭和志やクイントン・“ランペイジ”・ジャクソンらに連敗したが、2007年6月のDynamite!!でメルヴィン・マヌーフに一本勝ちしてプロ初勝利を上げた。また、2009年10月のDREAMでは、現在UFCで活躍しているタレック・サフィジーヌに勝利するなど、韓国のトップファイターとして活躍してきた。

 日韓のレジェンド対決として韓国で注目を集める一戦。ミノワマンは7月のパンクラスで、同じく大ベテラン選手の近藤有己に判定負けしており、今回は4連敗からの脱出が懸かる。一方のドンシクは、昨年5月のROAD FCでDEEPミドル級王者RYOに敗れて以来の再起戦となる。

<追加決定カード>

▼ミドル級
ミノワマン(フリー)
vs
ユン・ドンシク(韓国)

最終更新:8/11(金) 15:35
イーファイト