ここから本文です

「ハローワーク清水でパワハラ」 勤務の女性が国提訴

8/11(金) 8:05配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 清水公共職業安定所(静岡市清水区、ハローワーク清水)で、課長級の50代男性から暴力を受け、抑うつ状態となり、休業せざるをえなくなったとして、非常勤職員の40代女性が国を相手取り、約630万円の支払いを求める国家賠償請求訴訟を10日、静岡地裁に起こした。

 訴状によると、女性は窓口で求職者の相談に応じていた。2015年1月、女性と女性の上司だった男性が勤務中に会話していた際、突然男性が激高し、大声で怒鳴りながら、拳で左上腕を3回殴った。女性はこの暴力により精神的苦痛を受けるなどし、168日間欠勤を余儀なくされたという。

 静岡県庁で会見した女性の代理人の弁護士によると、警察に被害届を提出し、公務災害申請をしたが、昨年12月に公務災害は「非該当」となった。女性は「人としての屈辱を感じ、死んだら楽になるとも思った。国は男性に処分を行っておらず、誠意が感じられない」などと述べた。

 静岡労働局総務課の担当者は「訴状を見ていないので、コメントできない」と話した。

静岡新聞社