ここから本文です

阪神・金本監督「裏目に出た」梅野スクイズで鳥谷憤死…痛い逆転負け

8/11(金) 6:03配信

デイリースポーツ

 「巨人5-2阪神」(10日、東京ドーム)

 二回に2点を先制したまでは良かったが、思うように追加点を奪えない。好機を逃し、追い付かれ、一気に突き放されての4カードぶりのカード負け越し。阪神・金本知憲監督(49)+は2点止まりとなった拙攻を悔やみ、責任を背負った。

【写真】チームもメッセも痛かった…阿部の打球直撃で“助っ投”病院直行

 「そこ(追加点を奪えなかったこと)でしょうね、一番の原因は。(バントのミスは)結果だけど、それは。(六回は)出したサインが結果的に裏目に出たということ」

 三回に1死一、二塁、四回は1死二塁から無得点。そして1点を返された直後の六回だ。鳥谷の三塁打から無死三塁となり、続く大和は中飛で1死三塁に。ここで、そこまで2安打の梅野が初球でセーフティースクイズを敢行。一塁側に転がしたが、内海にうまく対応され、三走・鳥谷は本塁憤死。3点目を取り切れなかった。さらに、同点に追い付かれた直後の七回は、無死一塁から上本が送りバントを試みたものの失敗。捕手への併殺打という最悪の結果に終わり、最後はマテオが寺内に痛打されての敗戦。「寺内への初球も微妙な判定(ボール)だと思うし」。勝ちたかった一戦での痛い敗戦。11日からは3位・DeNAとの3連戦。切り替えて戦うしかない。

スポーツナビ 野球情報