ここから本文です

「東さん」だけの祭、京都・京丹後で開催 岩登り家内安全祈願

8/11(金) 14:00配信

京都新聞

 京都府京丹後市丹後町の「東(あずま)」姓の人に伝わる「間人(たいざ)川そそまつり」がこのほど、同町間人の立岩周辺で営まれた。東姓の2人が立岩に登って先人に感謝し、家内安全を願った。
 東姓の人は、間人の地名の由来となった聖徳太子の母、間人(はしうど)皇后の従者子孫とされる。立岩に登る儀式は途絶えていたが、伝承を次代につなぐため2014年に復活させた。
 まつりは5日夕にあり、白装束姿の東幸治郎さん(54)と東勇気さん(29)が高さ約20メートルの立岩に登り、頂上に御幣を奉納した。2人は「病気やけががなく家内安全でいられるよう願った」と話した。儀式後、近くの水無月(みなづき)神社で祭礼を営み、航海安全や豊漁、安産なども祈願した。

最終更新:8/11(金) 14:00
京都新聞