ここから本文です

(核心の中国)失脚:9 習氏の側近、暴露受け姿消す

8/11(金) 11:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 米国に逃げ、中国政府から国際手配されている実業家、郭文貴は今年4月、共産党序列6位の中央規律検査委員会書記、王岐山(ワンチーシャン)の親族を巡る腐敗疑惑を、ネット上の番組で暴露した。
 王の親族らの旅券、「豪遊」した飛行記録、米国にある王の妻の不動産……。郭はその後も次々と資料を出しながら告発を続けた。
 ある党関係者は振り返る。「王に対する批判の形だが、習近平(シーチンピン)指導部そのものへの攻撃だと思った」
 暴露と前後して、奇妙な動画がネット上に流れた。
 「私と郭は利益共同体だった」。郭からの収賄容疑などで、王が率いる中央規律検査委に拘束された元国家安全省次官の馬建が、白い壁を背に手を組み、カメラ目線で独白していた。……本文:1,588文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社