ここから本文です

バルサのデンベレ獲得オファー、ドルトムントが却下 本人は練習を欠席

8/11(金) 13:03配信

ISM

 ドルトムント(ドイツ)は現地時間10日(以下現地時間)、ウスマン・デンベレ(20)に対するバルセロナ(スペイン)からのオファーを却下したことを明かした。

 ドルトムントはオファーを蹴った理由として、バルサ側から提示された条件が「選手の並外れた才能に見合っていない」と述べている。

 スペイン『as』紙によれば、デンベレの契約解除金は1億2000万ユーロ(約154億円)から1億5000万ユーロ(約192億円)。英『BBC』によれば、バルサは1億3500万ポンド(191億円)での獲得を考えているという。

 なお、ドルトムントはデンベレが10日の練習を欠席したとして、同選手を14日まで練習および試合から除外したことも明かしている。同チームは12日にドイツカップ1回戦に臨むが、これにより、デンベレは欠場することが決定した。

 『as』紙によれば、ピーター・ボス監督は会見で「デンベレは今日の練習に来なかった。理由は分からない」「彼と連絡を取ろうとしたができていない」とコメント。「昨日彼と話したが、彼は友人とパリにいる。他クラブへの移籍について本人は何も言っていなかった」と語った。ただ、その後、同選手がドルトムントに戻っていることを確認したという。

最終更新:8/11(金) 13:03
ISM