ここから本文です

日本航空石川、ミラクルテークオフ!九回2死から3点差逆転!

8/11(金) 6:03配信

デイリースポーツ

 「全国高校野球選手権・1回戦、日本航空石川6-5木更津総合」(10日、甲子園球場)

【写真】日本航空石川・大見謝マネジャー CA風の制服でベンチ入り

 1回戦4試合が行われ、日本航空石川がミラクル逆転劇で2回戦へ進出した。3点を追う九回、2死から同点に追い付き、最後は4番・上田優弥外野手(2年)が決勝適時打。石川大会で見せた粘り強さを甲子園でも発揮した。花咲徳栄(埼玉)は今秋ドラフト候補・西川愛也外野手(3年)らの活躍で3年連続の初戦突破。聖光学院(福島)、聖心ウルスラ学園(宮崎)も初戦を突破し、2回戦へ駒を進めた。

 絶体絶命だった。2-5の九回2死二、三塁。マウンドには最速149キロ左腕の木更津総合・山下。三塁アルプス席では、敗戦を覚悟して涙を流す生徒もいた。しかし、日本航空石川ナインは誰も諦めていなかった。ここから甲子園初さい配の中村隆監督(33)が「信じられない」と振り返る奇跡が始まった。

 1、2番の連打で2点差に迫って2死満塁。3番・原田竜聖内野手(2年)は「おいしい場面で回ってきた」と硬くなることもなく、初球を捉えて同点の2点右前打を放った。

 続く上田は前4打席まで無安打。「少し怖かった。でも、4番の僕が試合を決めようと思った。僕はおいしいところを持っていくところがあるんで」。左打席の最も内側に寄って立つと、打ち損じていた外角スライダーを鮮やかに流した。4連打を締めくくる決勝の左前適時打。ガッツポーズをしながら一塁へ駆け出した。

 8年ぶり2度目の夏の甲子園。何かが起きる予感はあった。石川大会準決勝・星稜戦。優勝候補を相手に、最大5点差をつけられた。それでも八回に原田の3ランなどで同点に追い付き、延長十一回に上田のサヨナラ打で試合を決めた。

 「うちの打線は乗ったら連打が出る」と中村監督。日本航空石川は大歓声の中でエンジンを温め、一気に2回戦へ羽ばたいた。

スポーツナビ 野球情報