ここから本文です

サニブラウンはリレー回避へ=右脚の状態考慮―世界陸上

8/11(金) 9:29配信

時事通信

 【ロンドン時事】日本陸連の伊東浩司強化委員長は10日、世界選手権男子200メートルで7位に入ったサニブラウン・ハキーム(東京陸協)について、右脚の負傷を考慮して12日の400メートルリレーに起用しない方針を明らかにした。「無理はさせたくない。現時点では使わない。使いたくない」と述べた。

 サニブラウンは今大会、100メートルで予選と準決勝を走り、200メートルも予選から計3レースに出場。右太もも裏に張りがあり、10日の決勝レースでも痛みが出た。

 男子400メートルリレーは12日に予選と決勝がある。日本は銀メダルに輝いた昨年のリオデジャネイロ五輪に続くメダル獲得が期待されている。 

最終更新:8/11(金) 9:35
時事通信