ここから本文です

<TBS>戦争テーマのドキュメンタリー「秘密」12日放送

8/11(金) 10:30配信

毎日新聞

 8月に入ると、テレビ番組に戦争をテーマにしたドキュメンタリーが増える。第二次世界大戦の敗戦から72年。戦争を体験した世代が年々少なくなる中、どのような形で戦争を語り、伝えていくか、各テレビ局とも模索が続いている。TBSテレビは12日午後3時から「終戦72年特別番組 秘密~いま明かされる4の真実」を放送する。「今年でないとできないことをしたかった」(赤阪徳浩プロデューサー)という意欲作だ。【佐々本浩材】

 番組は、戦後長く明らかになっていなかった四つの秘密を取材する。いずれも、今年、またはここ数年で分かってきたり、動きがあったりした話ばかり。「視聴者は戦争の話題というと、ほとんどは聞いたことがあると言うかもしれないが、まだこんな知らないことがあるよと伝えたい。新事実の発見に努め、番組を見てもらえると、これまで隠されてきたことが分かるようにした」と赤阪プロデューサー。

 最初の秘密は、南太平洋のソロモン諸島の湾内に沈む駆逐艦「菊月」。その砲身を海中から引き揚げ日本に運ぼうと、20代の若者を軸にしたグループが活動している。ソロモン諸島政府と交渉の結果、このほど引き揚げを許可された。その模様にカメラが密着。引き揚げた砲身に、ある細工が施されていたことが分かる。連合国軍は沈没した菊月を引き揚げ、修理したが、最終的に今の湾内に放置したと言われる。菊月の“最期”に隠された秘密とは何なのか?

 二つ目は熊本県錦町周辺に広がる人吉海軍航空隊の基地跡。戦況の悪化とともに特攻隊の訓練も行われ、本土決戦の際には兵たん基地として活用するため整備が進められていた。最近、この基地で大規模な地下施設が造られていたことが明らかになった。現地を取材した「NEWS23」の雨宮塔子キャスターは「草むらを抜けた奥に入り口があり、案内されないと分からない。崩れかけている場所もあり、奥まで行けなかったので全貌は分からなかった。地下施設の一つ一つに魚雷調整場、病院などの役割があったと示す資料が残っていて、現地に行くと、用途に応じて、穴を開けるなど、作り替えていることが分かった」と話す。

 三つ目は、第二次世界大戦のインパール作戦の際、補給路を断たれ多くの兵士が非業の死を遂げたミャンマーの白骨街道にカメラが入る。ミャンマーでは内戦が続き、日本人の遺骨収集は中断していたが、39年ぶりに再開した。収集に協力する地元の少数民族がカメラに向かって「遺骨を戻すのは日本の若い人たちのためです。先人がここで戦い、命を落としたことを決して忘れないでほしい」と話す。なぜ少数民族はここまで協力的なのか?

 最後は「NEWS23」の星浩キャスターが米国の核実験について取材する。カリフォルニア州のローレンス・リバモア国立研究所は、核実験の模様を収めたフィルムをデジタル化し保存する取り組みを続けており、処理が終わった超精密映像を今年、公開した。映像の公開が原爆の使用の抑止につながればと研究所の職員は願う。

 続いてネバダ核実験場(ネバダ州)の東約200キロの場所にある街、セントジョージ(ユタ州)を訪ねる。この街は核実験が始まると、がんの患者が増え、発がん率は全国平均を上回っているという。核実験場で生まれた放射性降下物が風に乗ってセントジョージで雪のように積もったこともあったらしい。因果関係は不明だが、核実験の危険性について説明がなかったことに住民たちはだまされたという思いが強い。

 取材した女性は「丘の上でピクニックをしながら、家族で核実験を見物した。近くで参加できることを誇りに思えた」と振り返る。女性の姉はがんで亡くなり、その子供は6人のうち5人ががんに。女性の娘も白血病にかかり6歳で亡くなった。

 星キャスターは「戦争という国家の企てで犠牲になるのはいつも一般市民。取材した女性は今経験したばかりのように、娘の話などをしてくれた。知ってはいたが、実際に話を聞く機会を得て参考になった」と話す。

 番組のもう一つの特徴は、取り上げた秘密を過去の出来事ととらえるだけにとどまらず、今の世界にもつながっていることを示唆する点。たとえば、人吉海軍航空隊の基地跡に残る地下に掘られた秘密基地の後、過激派組織「イスラム国」(IS)が支配していたイラクのモスルに掘られた地下トンネルに触れる。秘密基地周辺では、米軍機の機銃掃射などで子供2人を含む一般人が亡くなった話を取材で聞いた。モスルの地下トンネル周辺でも子供たちが犠牲になっている。米軍の核実験の取材の後は、北朝鮮の核実験について考える。赤阪プロデューサーは「核兵器を開発する人たちは周囲に危険性を知らせず計画を進める。昔と今のそうした状況はきれいに重なります。時がたっても変わらない、人間の特性のようなものを浮かび上がらせたい」と話している。

 ナレーションは19歳の女優、杉咲花。大阪のMBSテレビや静岡放送などが同じ時間帯で放送する予定。

最終更新:8/11(金) 10:30
毎日新聞