ここから本文です

自慢のナシを知事にお届け 千葉県果樹園芸組合連合会

8/11(金) 7:55配信

産経新聞

 収穫量日本一を誇る県産ナシが旬となり、県果樹園芸組合連合会が森田健作知事を訪問し、自慢のナシ「幸水」を贈呈。森田知事は「県産のナシはトップセールスで海外でも大評判。どんどんPRしていきたい」と笑顔でナシをほおばった。

 同会によると、県産のナシは1570ヘクタールを誇る収穫面積や3万1700トンの収穫量、141億円の産出額で全国1位(いずれも平成27年)。今年は雨量が少なかったことから日照時間が多く、糖度の高いナシに仕上がったという。石井君雄会長は「みずみずしくしゃっきりして甘い県産ナシを多くの人に味わってもらえれば」と話した。

最終更新:8/11(金) 7:55
産経新聞