ここから本文です

震災で失われた子、抱く母 3年半かけ描く 陸前高田

8/11(金) 17:40配信

朝日新聞デジタル

 母親に抱かれて、眠る幼い女の子。ある母娘の油絵を描いた愛知県田原市の画家、小林憲明さん(43)は、この絵に強い思いをもっている。我が子を抱くことさえできなくなった母親の気持ちを絵に託されたからだ。

【写真】小林憲明さん=愛知県田原市

 描きかけの作品が並ぶアトリエの一角に、キャンバスに描かれた母娘の油絵はあった。赤い服を着た幼い女の子が、母親の胸ですやすやと眠っている。

 母親のモデルは、岩手県陸前高田市に住む40代の女性だ。

朝日新聞社