ここから本文です

木村、100障害で予選突破=紫村、衛藤は敗退―世界陸上

8/11(金) 21:18配信

時事通信

 【ロンドン時事】陸上の世界選手権第8日は11日、ロンドンで行われ、女子100メートル障害予選で2組の木村文子(エディオン)が13秒15で4着に入り、夜の準決勝に進んだ。同種目での日本勢の準決勝進出は初めて。

 4組の紫村仁美(東邦銀行)は13秒29の6着で準決勝に進めなかった。

 男子走り高跳び予選の衛藤昂(AGF)は2メートル22にとどまり、決勝に進めなかった。 

最終更新:8/11(金) 21:25
時事通信