ここから本文です

鍛冶舎巧監督が退任表明の秀岳館、横浜の追い上げ振り切り初戦突破!

8/11(金) 14:03配信

スポーツ報知

◆第99回全国高等学校野球選手権大会第4日 ▽1回戦 秀岳館6─4横浜(11日・甲子園)

 大会前に退任を表明した鍛冶舎巧監督率いる3季連続ベスト4の秀岳館が、強豪・横浜の追い上げを振り切り、初戦を突破した。

 秀岳館は6-1とリードして迎えた7回に、横浜・福永の3ランで2点差に詰め寄られるも、その後は反撃を許さなかった。

 秀岳館は先頭・竹輪の三塁打などで初回3点を先制すると、3回にも1点を追加。5回には、横浜に1点を返されたが、7回に代打・橋口が2死満塁から2点適時打を放った。

 その裏、横浜・福永の3ランで6-4とされるも、2番手・田浦が後続に得点を許さなかった。

 神奈川大会5本塁打の横浜・増田は3打数1安打1死球に終わった。

 秀岳館・川端健斗投手「目標は日本一。横浜・増田は打撃の迫力が一人だけ違っていました。楽しんで対戦できました。今日は楽しんで投げられました」

 秀岳館・鍛冶舎巧監督「最後までどうなるか分からない試合だったが、よく2人(川端、田浦)で投げきった。川端はストレートがよくて、カットボールは130キロを超えていた。高校生では打てないでしょう。(横浜は)迫力のある打線でした」

最終更新:8/11(金) 14:15
スポーツ報知