ここから本文です

【巨人】6回にも3点追加で9―2…阿部の第4打席は四球

8/11(金) 21:04配信

スポーツ報知

◆広島―巨人(11日・マツダスタジアム)

 巨人は4点リードの6回にも3点を加えて、9―2と7点のリードを奪った。広島3番手・ヘーゲンズの乱調を見逃さず、2安打に加え、3つの四球、2つの暴投などを絡めて3得点を挙げた。

 6回、先頭の陽岱鋼が中前打出塁して暴投で二進。無死二塁でマギーが右前適時打を放った。続く坂本勇と阿部が連続四球で無死満塁。 村田の左犠飛で、もう1点を追加した。

 長野も四球を選び、1死満塁。亀井の内野ゴロ間に三塁走者の坂本勇が生還して、この回3点目を挙げた。

 巨人は先発・田口が4回に2点の先制を許したが、5回に2000安打まで「M2」となる阿部の3点適時二塁打などで一挙6点を挙げて逆転していた。

最終更新:8/12(土) 1:42
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報