ここから本文です

朝原氏、サニブラウンによって「14年閉ざされた扉が開かれた」/世界陸上

8/11(金) 8:02配信

サンケイスポーツ

 2008年北京五輪陸上男子400メートルリレー銅メダリストの朝原宣治氏(45)が11日、ツイッターを更新。10日(日本時間11日)に行われた世界選手権男子200メートル決勝で向かい風0・1メートルの条件下、20秒63で7位だったサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=について、「14年閉ざされた扉がサニブラウン選手によって開かれた。そこからまた新しい選手が続いて欲しい」と評価した。

 18歳157日のサニブラウンは、05年大会で8位だったウサイン・ボルト(ジャマイカ)の18歳355日を抜き、この種目史上最年少での決勝進出となった。また日本人として2003年大会で銅メダルを獲得した末続慎吾以来、7大会ぶりのファイナリストとなった。ラミル・グリエフ(27)が20秒09でトルコ勢の大会史上初の金メダルに輝き、400メートルとの2冠を狙ったウェード・ファンニーケルク(25)=南アフリカ=は0秒02差の2位だった。