ここから本文です

【札幌記念】連覇狙うリアリズム11秒9

8/11(金) 9:28配信

サンケイスポーツ

 《函館》連覇を狙うネオリアリズム(美・堀、牡6)は、芝コースでルーカス(2歳新馬)と併せ馬。道中は行きたがるのをなだめながら5ハロン64秒6-11秒9で併入した。「雨が降ったのでクッションのいい芝で追い切って、予定通りの調教ができました。メンタル的には去年より成長しています」と金子助手はうなずきつつも「蹄の状態の影響で少し歩様が硬いところがあるので、今後の様子を見ながらですね。現時点で出否は流動的です」と説明した。

 函館記念2着タマモベストプレイ(栗・南井、牡7)は、Wコースで5ハロン71秒3-12秒3。先行したメイショウスミトモ(OP)に2馬身遅れたが、南井助手は「前に馬を置くと動くタイプ。そういう意図だったので併せ馬という感じではなかった。具合はいいので真面目に走ってくれれば」と期待を込めた。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ