ここから本文です

命がけ? 15枚の写真で見る、世界各地のとんでもない通学路

8/11(金) 8:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

アメリカで「通学」と言えば、がたがたと道を揺れる黄色いスクールバスが定番だ。

しかし、世界にはさまざまな通学路が存在する。

【全画像つき記事はこちら】世界の子どもたちは、学校へ行くために川を渡り、崖を歩く。

フィリピンには、学校に行くため、岩だらけの浜辺をひざまで水に浸かって渡る子どもたちがいる。サウジアラビアには、山を登る子どもたちもいる。

世界各地の朝の通学風景を紹介しよう。

インドネシアの中部カリマンタン州には、マスクをして自転車に乗る子どもたちがいる。

近年、この国では大気汚染が進んでいる。

エジプト、カイロの一部地域では、「スクールバス」と言えば、トラックの荷台に立ち乗りすることだ。

スリランカのゴールでは、16世紀に作られた要塞の壁を渡るため、木製の板の上を歩く少女たちがいる。

建設ラッシュにわく中国の河南省では、解体現場を通り抜ける子どもたちもいる。

洪水が多発する江西省では、道路が水没すると、通学は親頼みだ。

通学のために川を越えることは、世界各地どこにでもある。インドネシアのバンテン州にある村では、壊れた橋を渡ることも。

別の地域では、川を渡るために木製のボートの乗る子どもたちがいる。乗り切れない時は、屋根の上に立つ。

もう少し大きなボートがあるところでは、自転車と一緒に乗船できる。

フィリピン・マニラの北部にある村には、岩だらけの浜辺をひざまで水に浸かって歩く子どもたちもいる。

リサール州ロドリゲスの小学校の子どもたちは、竹で作ったいかだに乗って通学している。

独創的な乗り物を使う子どもたちもいる。インドネシアの北コラカの町では、空中にワイヤーロープを張り、滑車でぶら下がって移動する姿が見られる。一度に4人まで乗れるそうだ。

世界の多くの地域ではインフラが足りないため、自ら材料を調達する子どもたちもいる。インドのカシミールでは、川を越えるのに、壊れた橋だけが頼りだ。

中国の涼山イ族自治州にある「崖村」では、子どもたちは片道2時間をかけて通学する。鉄製のはしごが設置される前は、不安定なつたを利用していたため、通学時間は3時間だった。

同じくらい足場の不安定な通学路は、他にもある。貴州省では小学校に通うため、崖のふちを歩く家族がいる。

サウジアラビアのジーザーンの町では、コンクリート製の階段を上り、山を越えて通学する子どもたちも。

[原文:18 photos reveal the extreme ways kids get to school around the world]

(翻訳:編集部)