ここから本文です

《写真特集 山の日2017》どっしり 群馬県民見守る

8/11(金) 6:02配信

上毛新聞

 見渡せばいつも変わらずそこにある。あふれる喜び、どうしようもない悲しみ、怒り…。日々の暮らしにあって感情を揺さぶられ、右往左往しても、全てを達観したようにどっしり構え、見守っている。

 日頃、無条件で安らぎを与えてくれる山も、時に自然の厳しさを見せつける。どちらも本当の姿であり、親しみ、感謝しながら、畏怖の念を抱かずにいられない。

 夏。青色に染まった山が街を包み込む。喧騒(けんそう)から逃れ、穏やかに流れる時間をかみしめながら、山頂を目指す。歩みは遅くても、一歩ずつ積み重ねれば必ずたどり着く。焦らずに行こう。絶景までもう少しだ。

 きょうは「山の日」。群馬県は、谷川岳をはじめとする日本百名山が11座あるなど名峰が多い。県内の山を歩き、さまざまな表情をカメラでとらえ、シャッターを切った。

【谷川岳】険しい山に吹く爽やかな風

 群馬県のみなかみ町と新潟県境にそびえる谷川岳(1977メートル)は標高こそ2000メートルに満たないが、特に目まぐるしく変わる厳しい冬の天候や山容の険しさから、国内ばかりでなく、海外のアルピニストたちからも注目される。昨年は5万6000人余りが入山した。

 夏場の今は、ロープウエーを利用して天神尾根から山頂を目指すルートが、初心者や家族連れでにぎわう。天神平スキー場へと続く稜線(りょうせん)が一望できる「天狗の溜(た)まり場」では、爽やかな風を受け、登山者たちが弁当を食べたり、写真を撮ったりしていた。

【本白根山】手軽な2000メートル級 人気

 草津白根山系の本白根山(2171メートル)は、手軽に2000メートル級を楽しめるスポットとして人気だ。

 コマクサリフトを降りて約30分間歩くと、360度の眺望が広がる展望所に着く。途中にコマクサなどの貴重な高山植物が群生している。

 広々とした展望所で、高原の爽やかな風の中、老若男女が非日常の世界を楽しんでいた。

【鹿岳】家路に浮かぶ「ラクダのこぶ」

 通勤客が家路を急ぐ夕方の上信電鉄下仁田駅。台風一過の夕焼け空に鹿岳(かなだけ)(1015メートル)の二つのピークがそびえ立つ。特徴的な山容は遠くからでも目立ち、四季を通じて人気の山だ。

1/3ページ

最終更新:8/11(金) 6:02
上毛新聞