ここから本文です

イラクに愛される日本の大使。人々の気持ちに寄り添うためにとった行動とは

8/11(金) 7:10配信

BuzzFeed Japan

「イラクの歴史の中で最高の外交大使」。2015年からイラクの日本大使に就任した岩井文男はこう呼ばれている。

SNS上の動画をきっかけに、イラクでインターネットのスターになった岩井大使。その人気の理由には、現地の人々への想い、願いがあった。【BuzzFeed Japan / 山光瑛美】

イラク中で話題となった動画

岩井大使の名前を一躍有名にしたのは、ロシアW杯アジア最終予選の日本対イラク戦を翌日に控えた、2017年6月12日のFacebookでの動画だった。

イラク代表チームのユニフォームを着た岩井大使は、イラクなまりのアラビア語で次のように話した。

「明日、とても大事なサッカーの試合があります。しかし、どっちのチームを応援すればいいのか困っています。私はみなさんの兄弟だと思ってますし、イラクは第二の祖国ですから」

「でも、ボールを愛する気持ちは日本とイラクをつなぐもの。みんなで両チームとも応援してワールドカップに出られるよう、選手に良いプレーを見せてもらいましょう」

流暢なアラビア語で両チームの勝利を真摯に願う姿は、瞬く間にイラク中で話題となった。

2016年からSNSの動画を通し、イラク国民と交流してきた岩井大使。動画をはじめたきっかけ、日本人に知ってほしいイラクの実情とは。BuzzFeed Newsは7月11日、日本に一時帰国していた岩井大使にインタビューした。

人々の声に触れるために

ーー動画を始めたきっかけを教えてください。

そもそもネットの配信を始めたのは、バグダッドはまだそんなに安全なところではないからです。

普通の国であれば、それこそ外にランチを食べに行ったり、夜に食べに行ったり、映画を観に行ったりとか、普通の活動ができますよね。その普通の活動の中で、現地の人々と触れ合うことができる。

残念ながら、今のイラクでは外国人にとってできない状態になっている。

そういう中で、どうやったら人々の声に触れられるんだろうかって考えて、ソーシャルメディアの双方向性に着目して始めました。

1/4ページ

最終更新:8/11(金) 8:16
BuzzFeed Japan