ここから本文です

京都・高台寺がマカオで観光PR…現地主要メディアを訪問

8/11(金) 11:46配信

マカオ新聞

 日本観光庁のVISIT JAPAN大使を務める京都・高台寺の後藤典生執事長ら一行が8月7日にマカオを訪れ、現地主要メディアを訪問。高台寺及び京都市東山区の観光PRを行なった。

 高台寺一行は同日午後、マカオの「澳門焦點報」編集部を訪れ、同紙及び「大衆報」、「濠江日報」の幹部らと座談会形式での取材に臨んだ。後藤執事長から高台寺の歴史、イベント、四季折々の見どころのほか、東山区一帯の回遊ルートなどを紹介。後藤執事長によれば、高台寺を訪れる観光客は年間およそ70万人といい、インバウンド旅客を増やすことで100万人を目指したいとのこと。目下、京都を訪れるチャイニーズ系ツーリストの大半が台湾からで、今後はマカオや香港に向けたPRに取り組みたい意向を示した。

 澳門焦點報の范益民社長は、観光都市であるマカオにとって日本は重要な旅客ソースであると同時に、マカオ市民にとっても日本は人気の旅行先であるとし、マカオメディアとして両地の人的、経済的往来を活性化し、ウィン・ウィンの関係性を築くことにつながる情報発信に積極的に協力したいと述べた。

 高台寺がマカオで本格的な観光PRを実施するのは今回が初めてのこととなる。

最終更新:8/11(金) 17:42
マカオ新聞