ここから本文です

【動画解説】お盆休みの天気 強雨の日あり 東北太平洋側は肌寒く

8/11(金) 12:43配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 お盆休みの前半は北日本を中心に雨、後半は西日本を中心に雨の降る所が多くなりそうです。東北太平洋側は気温が上がらず、肌寒いくらいの日があるでしょう。

 連休初日の11日(金)は関東や北日本太平洋側に、北東から涼しい風が吹き込んでいます。気温が低めでしのぎやすくなっていますが、お盆休み中には関東で再び暑くなる日もあるなど、変化がありそうです。

 しだいに雨雲が発達する見込みで、11日夜から12日(土)にかけては東日本や北日本を中心に雨が降るでしょう。雷や突風にも注意が必要です。13日(日)も北日本では雨が降るでしょう。14日(月)は、東北で雨の残る所がありそうです。15日(火)になると、西から大きな雨雲が広がり晴れるのは北海道くらいとなります。

 東北はしばらく気温が低い見込みです。仙台は、15日や16日の予想最高気温は22℃前後と、肌寒く感じるくらいでしょう。東京は13日や14日は再び30℃以上の暑さとなりそうなので、体調管理に注意しましょう。(気象予報士・國本未華)

最終更新:8/11(金) 12:57
ウェザーマップ