ここから本文です

横浜DeNAラミレス監督、先発乱調&守備のミスに「良い日悪い日というものはある」

8/11(金) 23:24配信

AbemaTIMES

 横浜DeNAが8月11日、対阪神15回戦に1対8で敗れた。悪天候の中でエラーから出したランナーを効率よくホームへと返され、悪いリズムを修正できないままの終戦となった。アレックス・ラミレス監督(42)は今季ワーストの成績となった先発の石田健大投手(24)について「誰にでも良い日悪い日というものはある」と冷静に語った。インタビューの内容は以下の通り。

―今日は岩田投手に翻弄されたように見えましたが、ラミレス監督の目にはどう映りましたか。

 岩田投手は今日非常に出来が良かった。7イニング通して良かったですね。

―投げては石田投手が10安打7失点。どちらも今季ワーストの記録でしたが、これについてはどう思いますか。

 誰にでも良い日悪い日というものはある。今日は彼にとって悪い日だったのかなと思います。

―3連戦の頭は落としてしまいましたが、明日以降への意気込みをお願いします。

 また明日ここに戻ってきて、勝ちに行きたいと思います。

最終更新:8/11(金) 23:24
AbemaTIMES

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/19(日) 1:10