ここから本文です

世界934位スティーブンス 元女王ケルバー破り8強へ<女子テニス>

8/11(金) 19:05配信

tennis365.net

ロジャーズ・カップ

女子テニスのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、WTAプレミア5)は10日、シングルス3回戦が行われ、世界ランク934位のS・スティーブンス(アメリカ)が第3シードのA・ケルバー(ドイツ)を6-2, 6-2のストレートで破り、ベスト8進出を果たした。

【珍事 キリオス線審にタオル渡す】

24歳のスティーブンスは2013年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)でベスト4へ進出し、同年の11月に世界ランキングで11位を記録した。

しかし、以降は怪我に苦しみ、その影響で現在は934位まで下げている。

今大会では1回戦でY・プチンセワ(カザフスタン)に逆転で勝利すると、2回戦で第14シードのP・クヴィトバ(チェコ共和国)、そして3回戦で元女王のケルバーを下して8強へ駒を進めた。

準々決勝では、世界ランク41位のL・サファロバ(チェコ共和国)と対戦する。サファロバは3回戦でE・マカロバ(ロシア)をフルセットで破っての勝ち上がり。

同日の3回戦では予選勝者の大坂なおみが第1シードのKa・プリスコバ(チェコ共和国)に挑むも、ファイナルセットの途中で腹筋の負傷により棄権した。

tennis365.net

最終更新:8/11(金) 19:05
tennis365.net