ここから本文です

【MLB】田澤純一4試合ぶり被弾で2敗目、イチローは出場機会なし、マーリンズ惜敗

8/11(金) 11:08配信

Full-Count

同点8回にグッドウィンに勝ち越し弾許す

 マーリンズの田澤純一投手は10日(日本時間11日)、敵地でのナショナルズ戦に登板。同点の8回に勝ち越しソロを浴び、今季2敗目(1勝)を喫した。

イチロー、世界一の安打製造機へ MLB歴代通算安打&盗塁数ランキング&イチロー日米年度別成績

 田澤は2-2の同点で迎えた8回に4番手としてマウンドに上がった。すると、先頭グッドウィンに1ボールからの2球目速球を右翼ポール付近に飛び込む勝ち越し弾とされてしまった。続くディフォに内野安打を許したが、ハーパーを遊ゴロ併殺、ジマーマンを中飛に打ち取り、さらなる失点を防いだ。

 マーリンズは9回表に1死からロハスが左翼への二塁打で出塁。2死三塁からゴードンが左翼へ浅い飛球を放ち、安打になるかと思われたが、途中出場したナショナルズ左翼スティーブンソンにダイビング好捕され、2-3で試合終了を迎えた。

 前日に3安打を放っていたイチロー外野手の出場機会はなかった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/11(金) 11:08
Full-Count