ここから本文です

藤原夕貴(姫路大)が4時間26分の戦いを制して8強 [インカレテニス]

8/11(金) 23:40配信

THE TENNIS DAILY

「平成29年度全日本学生テニス選手権大会(男子85回/女子61回)」(岐阜県・岐阜メモリアルセンター/予選8月3~5日、本戦8月7~13日/ハードコート)の本戦5日目、8月11日は男女シングルス4回戦と男女ダブルスの3回戦が行われ、シングルス、ダブルスともにベスト8が決定した。

男子は早稲田大から6人がベスト8進出 [インカレ]

     ◇   ◇   ◇

 ノーシード対決となった藤原夕貴(姫路大2年)と城間安実(慶応義塾大2年)の2年生対決は激しい試合となった。10時12分に始まった試合が終わったのは14時38分。お互いが勝利への執念をたぎらせる中、最後に笑ったのは藤原だった。

「応援の力もあったし、最後はもう振りきっていくしかないと強気でいきました」と藤原。「普段から長い試合をやっているので」と苦笑した。城間とは昨年の2回戦でも対戦し、そのときは3-6 2-6で敗れていた。一年越しのリベンジで関西から唯一の4回戦突破となった。

 城間と第14シードの向井マリア(2年)は敗れた慶應義塾大だが、第3シードの押野紗穂(3年)は伊藤沙弥(立命館大)に6-3 6-2、第15シードの江代純菜(4年)は6-1 6-3で鎌田琴依(関西大2年)を下し、ふたりがベスト8へ進んだ。

 筑波大からも、ふたりが準々決勝に駒を進めた。第4シードの森崎可南子(3年)は向井を7-5 6-2で、第6シードの牛島里咲(2年)は予選から勝ち上がった高橋未来(立教大3年)を6-3 6-0で退けた。しかし、このふたりが明日は同士討ちとなる。高いレベルの熱い戦いが見られそうだ。

 早稲田大から唯一の16強入りを果たした1年生の清水映里は、加藤慧(日本大2年)を6-0 3-6 6-2で退けて8強進出。加藤とは2年前のインターハイで対戦し、敗れている。「リベンジしたいと思った」と清水。早稲田大の最後の砦だが、「それはあまり考えない。チャレンジの気持ちで頑張るだけです」と口にした。

 第12シードの小松莉奈(東洋学園大3年)もベスト8へ進んだ。予選から快進撃を続ける横川仁美(山梨学院大3年)の勢いを、1-6 6-2 6-4で封じ込めた。「いつも相手のペースに巻き込まれてしまうので、気持ちを高め、自分のプレーに自信を持って戦った」と小松。過去2年のインカレはともにベスト32。3年目にしてその壁を破り、優勝へ突き進んでいる。

 予選勝者対決となった鈴木葵(専修大3年)と橘梨子(日本大4年)の4回戦は鈴木が7-6(2) 6-4で勝利した。序盤は橘のペースだったが、鈴木が追いつき、追い越し、勝利を手に入れ、ベスト8の最後の枠に滑り込んだ。

 明日の大会第6日は、男女シングルス準々決勝、男女ダブルス準々決勝が行われる。試合開始時間は10時の予定。

(テニスマガジン/編集部◎牧野 正)

最終更新:8/11(金) 23:40
THE TENNIS DAILY