ここから本文です

ヒマワリ45万本 座間で見頃

8/11(金) 11:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 45万本近くのヒマワリが座間市座間などの畑で見頃を迎えた。15日まで「ひまわりまつり」が開かれ、夏休みを利用して訪れた学生や家族連れらでにぎわいを見せている。

 同市はヒマワリの町として知られ、時期を分けて、栗原会場と座間会場で同まつりを開催している。

 座間会場は座間、新田宿、四ツ谷地区で、南北1キロ程度の区間に畑が点在し、広さは計約4.5ヘクタール。展望デッキが設けられており、昨年は約18万人が訪れた。市商工観光課によると現在、座間、新田宿地区で見頃を迎えて、全体で今月下旬ごろまで楽しめそう。

 台風の影響を受け、一部で倒れる被害が出たが、「全体の1割に満たず、ごく一部」という。

 10日、誕生日祝いを兼ねて訪れた横浜市の会社員(26)、埼玉県朝霞市の会社員(25)は「台風の影響を心配したけど、元気なヒマワリが多くて、きれい。本数も多くて迫力がある」と笑みを浮かべていた。