ここから本文です

「彼はプライスレス」クロップ監督、コウチーニョ放出を頑なに拒否

8/11(金) 13:19配信

SOCCER KING

 リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、度々バルセロナへの移籍が噂されているブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョについて言及した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が11日に報じた。

 バルセロナは、パリ・サンジェルマンへ移籍したブラジル代表FWネイマールによって得た莫大な移籍金を用い、コウチーニョの獲得を熱望している模様だ。クラブ間の交渉は既に行われており、同メディアはリヴァプールがバルセロナからの2回目の9040万ポンド(約129億円)のオファーを拒否したことと、バルセロナは1億1000万ポンド(約157億円)まで支払う用意があることを伝えている。

 クロップ監督は同メディアからコウチーニョについて聞かれると、「財務的な観点からすれば、たしかに彼の移籍のための価格に制限はない。しかし彼はプライスレスだ。私たちの目標は最高のチームをつくること。だから我々はチームを維持しつつ、新しいチームメイトを迎えたい。それが我々の計画だ」と同選手にはいかなる価格が設定されようと放出しない姿勢を強調した。

 さらに「今日、彼には地球上の誰も触れることができないよ。移籍はタイミングの問題だ。もし機会があり、その移籍に反応する必要があるならば、反応する時間があるかどうかを問わなければならない。ただ一つのクラブからオファーがあるからといって、それについて考える必要はない。我々は今そのような状況にはいないよ」とコメント。シーズン開幕間近の今、移籍の話に反応している時間はないと主張した。

 コウチーニョは今年の1月にリヴァプールと5年半の契約延長を結んでいる。リヴァプールは8月12日土曜日にアウェイでワトフォードとプレミアリーグ開幕戦を迎える。

SOCCER KING

最終更新:8/11(金) 13:19
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合