ここから本文です

阪神メッセンジャーが腓骨骨折 今季絶望の可能性も

8/11(金) 15:53配信

日刊スポーツ

 阪神は11日、ランディ・メッセンジャー投手(35)が「右足の腓骨(ひこつ)骨折」と診断されたと発表した。

【写真】審判に詰め寄り、猛抗議する金本監督

 メッセンジャーは前日10日の巨人戦(東京ドーム)で7回に4番阿部のライナーが右足くるぶし付近を直撃。6回0/3を2失点のまま降板し、試合中に東京都内の病院へ向かっていた。

 今季11勝を挙げている大黒柱の長期離脱は、逆転Vを狙うチームにとって大打撃。金本知憲監督(49)は今季中の復帰について「厳しいかも分からんね。周りがしっかりと自覚してやってほしい」と、今季絶望の可能性にも言及した。

最終更新:8/11(金) 16:04
日刊スポーツ