ここから本文です

ジョン・ヨンファ(from CNBLUE) 常に音楽を作るということに意味がある/インタビュー2

8/12(土) 1:00配信

エキサイトミュージック

 
■ジョン・ヨンファ(from CNBLUE)/日本2ndソロアルバム『Summer Calling』インタビュー(2/2)

【この記事の関連画像をもっと見る】



曲を作って音源にして、ライブをするってことに意味があると僕は思っています

――「Summer Dream」には、驚きが2つありますよね。1つは全編英語詞であること、そしてもう1つは、トロピカルサウンドを取り入れていること。この2つは、ヨンファさんにとっても、大きな挑戦だったと思うのですが。

ヨンファ:そうですね。でも、ソロではCNBLUEでできないことをやろうと思っているんです。1stソロアルバム『ある素敵な日』は、バンドサウンドがけっこう入っていたんだけど、今回のアルバム『Summer Calling』は、「Summer Dream」もそうだけど、バンドサウンドじゃない曲も多いんです。それも、僕にとっては挑戦。アルバム『Summer Calling』は、今まで聴いていた僕の曲と、全然テイストの違う曲がたくさんあるのがポイントです。

――「Summer Dream」はMVを見ると、この曲の主人公の状況がわかりますが、英語の歌詞だけを見ると、彼女と別れてしまった気もするし、別れを予感している気もするし。

ヨンファ:そうですね。余韻が残るように終わらせています。

――なぜ、あえて英語詞にしたんですか。

ヨンファ:この曲は、最初から英語詞で作っていたんです。もちろん、日本語にしようとも思ったんですけれど、英語で作っていたから英語を乗せた方が違和感がなくて。むしろ日本語や韓国語を乗せたらいろんなバランスが崩れてしまうんじゃないかと思って、そのまま英語で歌うことにしました。

――そこにはもちろん、世界進出への野望も?

ヨンファ:はい、もちろんです(笑)。

――トロピカルサウンドを取り入れた狙いを教えてください。

ヨンファ:狙いっていうのではないんです(笑)。夏というテーマに合うサウンドって考えて、聴いた時に楽しくなる曲にしたいと思って。特に、トレンドのサウンドを取り入れるってバンドでは難しいけれど、ソロだったらできるじゃないですか。それが、ソロの楽しみでもあります。だから、「Summer Dream」は、最初からトロピカルサウンドでって前提で作り始めました。

――韓国のリ―ド曲「That Girl」にレゲエを取り入れたのも驚きましたよ。

ヨンファ:でしょ? それがソロの醍醐味です(笑)。

――曲を作るときは、ギターで? ピアノで?

ヨンファ:「Summer Dream」は、アコースティックギターで作りました。ピアノで作るときは、バラードが多いですね。ギターはリズムを考えながら作るんですよ。そういうところが違います。

――洋楽から刺激を受けることも多いと思いますが、最近、プライベートではどんな曲を聴いてるんですか。

ヨンファ:聴いてるのは、オールジャンルです。最近気に入ってるのは、The Weekndというアーティスト。声がマイケル・ジャクソンみたいにカッコよくて好きなんです。

――「Summer Dream」は、ヨンファさんがハマっているハワイに似合う曲ですよね。ヨンファさんがハワイに行ったのは5月でしたが、この曲は、ハワイに行く前と後、どちらに作ったんですか。

ヨンファ:ハワイに行く前に作りました。ハワイで実験したかったんですよ! ハワイでトロピカルサウンドの曲を聴いたら、どんな気持ちになるのかって。ハワイの海辺に寝そべって聴いてみたら、本当に爽やかで世界観がたまりませんでした。だから夏にトロピカルサウンドが流行るんだろうな~。ハワイでもライブをやってみたいですね。でも、ライブができる場所だったら世界中のどこでもいいですけどね(笑)。

――ヨンファさんにとっては、ライブに一番大きな意味があると?

ヨンファ:ライブだけじゃなくて、常にこうやって音楽を作るということに意味があると思っています。だから、CNBLUEで出すとか、ソロで出すとか、どっちで出すってことよりも、曲を作って音源にして、ライブをするってことに意味があると僕は思っています。

――8月22日の大阪フェスティバルホールからソロツアー『JUNG YONG HWA JAPAN CONCERT 2017 "Summer Calling"』が始まります。世の中、夏休みなのですが、ヨンファさんの夏の思い出といえば?

ヨンファ:日本の夏の思い出だと、ロックフェスですね。特に『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013』は、熱かったし、暑かった! 終わってから、本当に倒れるかと思った(笑)。でも、すごく楽しかったです。いい汗かきました(笑)。

――ソロツアーは、どんな内容になりそうですか。

ヨンファ:夏だから、楽しく遊ぶような感じにしようかと思ってます。僕が楽しければ、みんなも楽しくなるじゃないですか。ライブって そういうものでしょ!