ここから本文です

羽田~オークランド線に就航したニュージーランド航空、ボーイング 787-9型機のビジネスクラスとプレミアムエコノミーを体験

8/12(土) 0:00配信

Impress Watch

 ニュージーランド航空の羽田~オークランド便が就航した7月21日(出発時刻は22日の午前)、その初便に搭乗する機会を得た。機材はボーイング 787-9型機で、座席数は302。往路はそのうち18席用意されているビジネスクラス「ビジネス・プレミア」を、23日の復路は21席あるプレミアムエコノミークラス「プレミアム・エコノミー」をそれぞれ体験したので、その様子を写真とともに紹介する。

【この記事に関する別の画像を見る】

 羽田~オークランド線のフライトスケジュールは、夏期ダイヤとなる7月21日~10月29日については、往路が羽田発午前1時00分、オークランド着14時40分、月・木・土曜の運航。復路がオークランド発14時50分、羽田着23時00分、水・金・日曜の運航となっている。

 時差は日本のプラス3時間(ニュージーランドがサマータイム期間の場合)で、移動にかかる時間は10~11時間とかなりのロングフライトだ。とはいえ、往路は夜の就寝時間帯とある程度重なることもあり、(ずっと起きていようと思わなければ)オークランド到着後は比較的活動しやすいと思われる。

 しかし、復路については羽田到着が夜遅くになることから、その後の乗り継ぎがスムーズにいかない場合があるかもしれない。万一遅延が発生すると周辺の公共交通機関が利用できなくなる不安もありそうだ。ただ、搭乗した初便では、往路は記念セレモニーがあって搭乗開始が遅くなったにもかかわらず目的地への到着に遅れはなく、復路は30分ほど到着が早まった。

 今後、冬期スケジュールとなる10月30日~2018年3月24日は、往路が羽田発22時05分、オークランド着翌12時40分。復路がオークランド発23時05分、羽田着翌05時55分となるため、さらに利便性が高まるだろう。

夏期スケジュール(7月21日~10月29日)

NZ92便:羽田(01時00分)~オークランド(14時40分)、月・木・土曜運航
NZ91便:オークランド(14時50分)~羽田(23時00分) 水・金・日曜運航
※使用機はボーイング 787-9型機

冬期スケジュール(10月30日~2018年3月24日)

NZ92便:羽田(22時05分)~(翌12時40分)、月・木・土曜運航
NZ91便:オークランド(23時05分)~羽田(翌05時55分)、水・金・日曜運航
※使用機は10月30日~12月6日がボーイング 787-9型機、12月8日~2018年3月24日がボーイング 777-200型機

 今回紹介するビジネスクラスの「ビジネス・プレミア」や、プレミアムエコノミークラスの「プレミアム・エコノミー」は、そうした10時間を超える羽田~オークランド間の長距離移動のストレスを軽減してくれる。往復料金はビジネス・プレミアが39万4000円から、プレミアム・エコノミーは22万9000円から(いずれもニュージーランド航空Webサイト上での正規割引運賃)。乗り継ぎすることなくダイレクトにアクセスできる直行便は、これらのプレミアムなサービスを心ゆくまで満喫できるという点でも魅力的な選択肢ではないだろうか。

■往路は「ビジネス・プレミア」に搭乗

 往路はビジネスクラスの「ビジネス・プレミア」に搭乗。シートは斜め向きに配置されており、通路側に足を向けるタイプ。チェアも兼ねたオットマンがあり、常に脚を伸ばしていられる。

 食事は2回。1度目は時刻は2時30分を過ぎたころで、本格的な食事が提供される。2度目は着陸の2時間ほど前、日本時間で9時30分に朝食が提供された。

■復路は「プレミアム・エコノミー」に

 復路はプレミアムエコノミークラスとなる「プレミアム・エコノミー」に搭乗。シートピッチが104cmと余裕があり、大型のシートモニターによる機内エンタテイメントを楽しめる。

 食事は往路と同じく2回で、離陸から1時間後ほどで昼食、着陸の1時間30分ほど前に夕食として2度目の食事が提供される。

トラベル Watch,日沼諭史

最終更新:8/12(土) 0:00
Impress Watch