ここから本文です

DJプレミアが全面プロデュースする新人女性シンガーのデビュー作が9月発売で決定

8/12(土) 18:40配信

bmr.jp

DJプレミアが全面プロデュースする新人女性シンガーのデビュー作が9月発売で決定

DJプレミアが全面プロデュースする新人女性シンガーのデビュー作が9月発売で決定

ヒップホップ界のカリスマ・プロデューサー、DJプレミアが初めて女性シンガーのアルバムを全面プロデュースするということで話題を呼んだ新人女性シンガー、トーリー・ウルフのデビュー・アルバム『Flow Riiot』が今年9月発売に決定した。

モヒカン・ヘアが特徴的なニューヨークの新進女性シンガー・ソングライター、トーリー・ウルフは、昨年5月にプリモらしいビートが響くデビュー曲“1st”を発表し、その翌月に彼女のデビュー・アルバム『Flow Riiot』をDJプレミアが全面的に手がけることが明かされた。これまでも、クリスティーナ・アギレラなど女性アーティストの楽曲をプロデュースしたことはあったが、アルバム全体を手がける女性アーティストは彼女が初めてということで一躍、注目の的に。その後も、ユナへの提供用に作られたのが元だという“Shadows Crawl”などの楽曲を発表していき、またDJプレミアの来日公演にも同行するなどプリモが力を入れている様子がうかがえたが、アルバム『Flow Riiot』の発売日は未定のままだった。

しかしあれから1年、ついにDJプレミアが全面プロデュースするトーリー・ウルフ『Flow Riiot』の発売が決定。今年からDJプレミアが始めた新レーベル TTT (To The Top)より、9月29日に発売されることが明らかになった。アルバムのアートワークは、DJプレミアとロイス・ダ・ファイブ・ナインとのユニット=プライム(PRhyme)も手がけたチームが担当する。

また『Flow Riiot』の予約がスタートすると共に、キング・オブ・チルがプロデュースを務め、マックルモアのラップとプリモのスクラッチをフィーチャーした新曲“Free”も発表。トラックリストも公開され、プリモが手がけた“1st”、“Shadows Crawl”に、エイラブミュージックの制作による“Body”と既発の楽曲はいずれも収録されるようだ。一方で、ダイレイテッド・ピープルズの“Good As Gone”のラップをサンプリングした“1st”の別バージョンや、ジェルー・ザ・ダマジャ“Come Clean”を使った“Shadows Crawl”のリミックスなどは残念ながら未収録となるようだ。

DJプレミアは以前、この新人について「とても独特なスタイルを持っている。ビョークなんかを思わせるような……主流からはすごく離れた存在だ。とてもユニークで多才。曲を書けるし、歌えるし、優れたギタリストでドラマーでもある。でもイメージでいうと、比較てきる存在がいない。テーマにおいては、トーリーはまったく別の場所にいる」と絶賛しており、待望のアルバム・リリースに注目が集まるところだ。

1. Everlasting Peace
2. Meant To Do
3. 1st
4. Big Big Trouble
5. Body
6. I'd Wait Forever and A Day For You
7. Take It Up On Monday
8. Go From Here
9. Shadows Crawl
10. Nobody Around
11. You're Not There
12. Where We Belong
13. Free (feat. Macklemore & DJ Premier)
14. Pain Killer
15. Moscow

最終更新:8/12(土) 20:00
bmr.jp