ここから本文です

(社説)南シナ海問題―有効な規範へ結束を

8/12(土) 7:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 島の領有権や漁業をめぐる争いが絶えない南シナ海を、何とか穏やかな海にできないか。
 その一歩をめざす「行動規範」の枠組みについて、東南アジア諸国連合(ASEAN)と中国が合意に達した。
 マニラであった外相会議での進展である。地域の緊張緩和に前向きな動きではあるが、具体的な条文作りはこれからだ。
 今回はあいまいにされた法的拘束力を、きちんと定めることが必要だ。国の大小を問わず、一方的な現状変更を封じる規範をめざすべきである。
 ルール制定への機運は90年代からあった。02年には、緩やかな「行動宣言」でいったん合意し、その後、規範づくりが模索されて今日に至った。……本文:1,828文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社