ここから本文です

阪神・中谷、千金13号3ラン!大好きハマスタ打率・412

8/12(土) 7:00配信

サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、DeNA1-8阪神、15回戦、阪神9勝6敗、11日、横浜)ひと振りで、沈んだ空気を振り払った。1-0の三回二死一、二塁。中谷が左翼席中段へ13号3ラン。打球は虎党の大歓声とともに、スタンドに突き刺さった。

 「みんながつないでくれてまわってきた打席でしたし、まだまだ追加点がほしいところでした。甘くなったボールを逃すことなく、しっかりと捉えることができました」

 石田の初球、低め131キロのスライダーを完璧にとらえた。二回に鳥谷のフェンス直撃の打球がリプレー検証で本塁打から二塁打となり、ガッカリ感の漂っていた左翼席。正真正銘の本塁打に虎党はヤンヤの喝采だ。

 石田からは7月27日にも勝ち越しの3ラン。通算打率・545(11打数6安打)のお得意さまから、また打線に火をつける一発を放った。

 “ハマの夏男”だ。これで横浜での打率は・412。さらに8月に入って打率・333(36打数12安打)と絶好調。「(相性は)そんなに関係ないと思います」と言うが、暑さとともにぐんぐん調子を上げている。

 メッセンジャーの離脱は、胸を痛める出来事だった。普段から「ランディ」「マサヒロ」と呼び合う仲。「これまでいいピッチングをしてもらっていたので…」。前半戦は投手陣が踏ん張り、貧打のチームを何度も救った。特にチーム最多の11勝をあげる大黒柱には、何度助けられたことか。

 「試合前の宿舎でのミーティングで『クライマックス・シリーズまでに戻ってこられたら投げる』という話をしていました。(残りの試合に)勝っていきたいです」

 打線は昨年9月11日のヤクルト戦(神宮)以来となる先発全員安打の猛攻で8得点。今度は自分たちが打って、投手陣を助ける。幸い、中谷が好相性のDeNA戦は雨天中止の関係で、まだ10試合が残っている。“恩返し”できる舞台はいっぱいある。これからも豪快な一発で、チームを勝利に導く。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/22(火) 22:15