ここから本文です

テニス=フェデラーがロジャーズ杯4強、世界1位奪還近づく

8/12(土) 10:42配信

ロイター

[11日 ロイター] - テニスのロジャーズ・カップ(杯)は11日、モントリオールで男子シングルス準々決勝を行い、第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)は第12シードのロベルト・バウティスタ(スペイン)を6─4、6─4で下し、4強に進出した。

この大会では10日に世界ランク2位のラファエル・ナダル(スペイン)が敗退。同1位のアンディ・マリー(英国)は肋骨を痛めて今週と次週の大会を欠場しているため、同3位のフェデラーは本大会で優勝し、次のウエスタン・アンド・サザン(W&S)オープンでナダルと同等または上回る成績を挙げれば、8月21日付のランキングで世界1位の座を奪還することになる。

フェデラーはこれについて「大きく順位を上げるチャンスだが、すべては素晴らしいプレーができるかどうかにかかっている」と述べた。

フェデラーは準決勝でロビン・ハース(オランダ)と対戦する。

最終更新:8/12(土) 10:42
ロイター