ここから本文です

山中慎介「神の左」打ち込むポイント発見 狙いは挑戦者のひげ

8/12(土) 14:27配信

東スポWeb

 WBC世界バンタム級タイトルマッチ(15日、島津アリーナ京都)の予備検診は12日、都内で行われ、日本記録となる世界王座13連続防衛がかかる王者・山中慎介(34=帝拳)と、挑戦者の同級1位ルイス・ネリ(22=メキシコ)が初対面した。

 検診で身長で5センチ、リーチで7センチ上回っていることが判明した山中は「(ネリの)身長165センチっていうのは、ちょうど狙いやすいんです」と話すと、同時に「神の左」を打ち込むポイントも発見した。「ひげの濃さが分かれているところが、狙いやすい」

 続けて「前に三浦(隆司=元WBC世界スーパーフェザー級王者)が、相手のボディーのタトゥーを目標にしたことがあると言っていたので、同じことをします」と話した。

 2~3年前からアゴひげをたくわえ、メキシコでは週に一度は理髪店などで手入れしているというネリは「しっかりガードするから、ひげには触らせない」と余裕の表情。

 6日の来日から、すでに滞在7日目となったが「渋谷に行って忠犬ハチ公の銅像を見た。映画(「HACHI 約束の犬」)が好きだったので、どうしても行きたかったんだ。あと東京ドームでジェットコースターにも乗ったよ」と東京をエンジョイしている様子だ。

 両者は検診後、京都に移動。13日には調印式が行われ、いよいよ決戦モードが高まっていく。

最終更新:8/12(土) 14:27
東スポWeb