ここから本文です

松山、暫定首位に浮上=谷原は61位、小平70位―全米プロゴルフ

8/12(土) 9:46配信

時事通信

 【シャーロット(米ノースカロライナ州)時事】男子ゴルフのメジャー最終戦、全米プロ選手権は11日、ノースカロライナ州シャーロットのクウェイルホロー・クラブ(パー71)で第2ラウンドが行われ、メジャー初優勝を狙う初日15位の松山英樹は7バーディー、ボギーなしの64で回り、通算8アンダーでケビン・キスナー(米国)とともに暫定首位に立って決勝ラウンドに進んだ。一昨年覇者のジェーソン・デー(オーストラリア)が2打差の暫定3位。

 悪天候で約1時間40分の中断があった影響で日没サスペンデッドとなり、25選手がホールアウトできなかった。谷原秀人は75で回って通算4オーバーの暫定61位、小平智は同5オーバーで暫定70位。池田勇太は通算9オーバーで予選落ちが確定した。 

最終更新:8/12(土) 13:13
時事通信