ここから本文です

浴衣姿でかやぶきの里巡る 京都・美山

8/12(土) 12:37配信

京都新聞

 京都府南丹市美山町北地区の「かやぶきの里」を浴衣で歩くイベントがこのほどあり、地元や京都、大阪、滋賀から参加した12人が、里の歴史や文化も学びながら散策を楽しんだ。
 美山町知見の「cafeふるや」と同市八木町の文化交流施設「わざどころPON」が催した。cafeふるやで浴衣の着付けと食事をした後、かやぶきの里へ移動。里内の知井八幡神社や美山民俗資料館を見学し、地元ガイドの説明を聞きながら、昔ながらのかやぶき屋根が並ぶ里内をゆったりと散策した。
 兵庫県尼崎市から訪れた30代の夫婦は「仕事に疲れていたのでリフレッシュできた」と話していた。
 今後もかやぶきの里で同様のイベントが開かれる予定。

最終更新:8/12(土) 12:37
京都新聞