ここから本文です

【ロッテ】伊東監督続投へ 借金33最下位でも5年で3度Aクラスの実績評価

8/12(土) 5:04配信

スポーツ報知

◆ロッテ5―3西武(11日・ZOZOマリンスタジアム)

 ロッテが伊東勤監督(54)を来季も続投させる方針であることが11日、分かった。昨オフ新たに1年契約を結び、今季はCS進出が絶望的な状況になっているが、球団はこれまでの実績を評価。最終決断は9月に重光オーナー代行が下す見通しだが、伊東政権が6年目に突入する公算が大きくなってきた。

 この日は今季10度目の逆転勝ち。借金33で最下位にいるが、昨季までの4シーズンでCSに3度進出した指揮官への信頼は揺らいでいない。球団史上、就任5年でAクラスに3度以上導いたのは別当薫と金田正一だけ。球団幹部は「今年はこういう成績になっているが、伊東監督だけの責任ではない。限られた戦力で戦ってこられたのは、監督の力によるところが大きい」と評価は不変だ。

助っ人&主力不振苦しい中若手育成 12年ぶりのリーグVを目指した今季は、新外国人の不振が響き、開幕ダッシュに失敗。昨季首位打者の角中が開幕直後に右脇腹痛で離脱し、チーム打率は45試合目まで1割台だった。昨季は2人で計24勝を稼いだ涌井、石川も3勝ずつと波に乗りきれない。一方で苦しい中でも二木、三木、加藤らを辛抱強く育成している。

 12年オフに中長期的なチームづくりを託されて就任。選手からの支持も厚く、別の幹部は「それも理解している。長くやってもらいたい思いはある」と説明した。最後まで諦めない戦いを続けており、当面は目の前の戦いに集中するが、最もチームを掌握している殿堂入り監督が立て直しに適任なのは間違いない。

 ◆伊東 勤(いとう・つとむ)1962年8月29日、熊本市生まれ。54歳。熊本工、所沢高から81年ドラフト1位で西武入団。捕手としてゴールデン・グラブ賞11度は最多、1263回連続守備機会無失策はリーグ記録。2003年に現役引退。04年から4シーズン西武監督を務め、1年目に日本一と正力賞。09年WBC総合コーチ、12年韓国・斗山ヘッドコーチを経て、13年からロッテ監督。181センチ、84キロ。右投右打。

最終更新:8/12(土) 7:55
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/19(土) 23:30