ここから本文です

北朝鮮問題で韓国が米に懸念伝達か

8/12(土) 7:55配信

産経新聞

 【ソウル=桜井紀雄】韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長と米国のマクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が11日、電話会談し、米領グアム沖へのミサイル発射計画を公表した北朝鮮への対応策を協議した。

 韓国大統領府によると、両国民の安全確保に向けた「段階別措置」での緊密な協力を再確認した。

 鄭氏は、10日の国家安全保障会議(NSC)で「緊張緩和のための外交的努力」を打ち出しており、北朝鮮とトランプ米大統領の非難の応酬でさらに緊張が高まる現状にも懸念を伝えた可能性がある。

最終更新:8/12(土) 7:55
産経新聞