ここから本文です

帰省ラッシュ渋滞で珍事 巨人のユニホームが届かない!?

8/12(土) 7:55配信

産経新聞

 ■ 阿部、動じず逆転打

 マツダスタジアムでの一戦は、思いもよらない理由で開始が遅れた。巨人選手が使用するアンダーシャツやソックスなどを載せた車両が、なかなか到着しない。お盆の帰省ラッシュとぶつかり、想定以上の大渋滞につかまったためだ。満員のファンを30分待たせて、ようやく試合は始まった。

 まさかの事態にリズムが狂ったのか、巨人は序盤、得点機を逃した。四回には広島・鈴木に先制2ランを許す苦しい展開。そんな中、2千安打を目前に控える38歳の一撃で「雰囲気が変わった」(高橋監督)。

 無安打で迎えた阿部の第3打席は、五回2死満塁の好機。好投していた広島・福井の外角直球を逆らわずに左翼線に流した。走者一掃の3点二塁打になり、一気に逆転。「細かいことは考えず、積極的にいこうと思った。コースに逆らわず打ち返すことができた」と納得の一打だった。

 火が付いた打線はここから広島を大きく突き放し、15安打9得点で大勝。阿部のこの試合の安打は二塁打1本で、大記録へ残り2本となった。

 高橋監督は「阿部のヒット(2千安打目)で勝てれば記念の日になる」と理想的な展開を思い描く。当の主役は残り2本について、「うん、そうだな」とだけ語り、帰路についた。チーム、ファンが待ち望む“Xデー”が、いよいよ目前に迫ってきた。(浜田慎太郎)

最終更新:8/12(土) 8:44
産経新聞

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/23(水) 6:45