ここから本文です

【ソフトバンク】和田、2軍戦で実戦復帰「9、10月に貢献できるように」

8/12(土) 19:31配信

スポーツ報知

 5月に左肘手術したソフトバンク・和田毅投手(36)が12日、ウエスタン・リーグの広島戦(タマスタ筑後)で実戦復帰した。4月7日の西武戦(メットライフ)以来、127日ぶりに実戦マウンドに上がったエース左腕。「いい感じで投げることが出来た」。2回1/3を1安打無失点、3奪三振だった。

 直球が中心だった初回1死から梵に左翼線二塁打されたが堂林を二ゴロ、メヒアを右飛に打ち取った。2回は三者凡退に打ち取り3回もマウンドに上がったが、岩本を三振に打ち取ったところで球数が予定の40球に近づく37球になったため交代。カーブ、スライダー、カットボール、ツーシーム、チェンジアップと持ち球すべてを投げた。「フォアボールがなかったのが良かった」と白い歯がこぼれた。

 「9、10月にチームに貢献できるように」と優勝争いが佳境を迎えるシーズン終盤の復帰を見据えた左腕。状態に問題がなければ中6日で19日の中日戦(タマ筑後)で先発。球数を増やし、70~80球投げる予定になっている。

最終更新:8/18(金) 12:20
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報