ここから本文です

【NBA】ニックス、K.ポルジンギスの2018-19シーズンのオプション行使

8/12(土) 12:17配信

ISM

 ニューヨーク・ニックスは現地11日、パワーフォワードのクリスタプス・ポルジンギスに対し、チームが保持していた2018-19シーズンの契約オプションを行使した。米スポーツ専門サイト『Bleacher Report』など、複数のメディアが報じた。

 ポルジンギスは、2017-18シーズンに450万ドル(4億9,000万円)、2018-19シーズンは約570万ドル(約6億2,000万円)を受け取ることになるもよう。またニックスは、同選手が制限付きフリーエージェント(FA)になる前に、2019-20シーズンの年俸750万ドル(約8億2,000万円)のクオリファイングオファーを提示することができる。

 同サイトによると、ポルジンギスにはトレード話が浮上していたが、6月下旬にフィル・ジャクソン前球団社長が退任したことで、立ち消えに。それまではフィラデルフィア・セブンティシクサーズ、フェニックス・サンズ、サンアントニオ・スパーズ、ボストン・セルティックスなどが、ポルジンギスを含んだ大型トレードの可能性についてニックスに接触してきたという。

 さらに『Bleacher Report』は、ポルジンギスは先日、ニューヨークに満足しており、ニックスでの優勝を思い描くことができるとコメントしたと伝えている。そして、チームも同選手を中心とした強豪チーム作りに方針を定めたようだ。

 ポルジンギスは2年目の昨季、66試合に出場し、平均18.1得点、7.2リバウンド、2.0ブロック、スリーポイントシュート成功率35.7%を記録した。

最終更新:8/12(土) 12:17
ISM