ここから本文です

【NBA】ニックスとロケッツ、C.アンソニーを巡るトレード交渉再開

8/12(土) 15:05配信

ISM

 ニューヨーク・ニックスとヒューストン・ロケッツが、オールスター10回選出のカーメロ・アンソニーを含むトレードの交渉を再開したことが、リーグ関係者の話で分かった。両チームは、トレードを成立させるため第3のチームを探しているという。

 これは、米スポーツ専門ケーブル局『ESPN』のウェブサイトが現地11日に報じたもの。アンソニーは行き先がロケッツの場合のみトレード拒否条項を破棄するという姿勢を崩しておらず、希望の移籍先の選択肢を増やすつもりもないとのこと。

 しかし、今の時点でロケッツとニックスの2チーム間のみでトレードが成立する道はなく、ロケッツが放出を狙っている3年総額6,000万ドル(約65億5,000万ドル)の契約が残るライアン・アンダーソンの引き取り先も、まだ見つかっていないという。

 ロケッツとニックスの話し合いは、フィル・ジャクソン前ニックス球団社長の在任期間中に大きく進展。しかし、アンソニーの見返りに強いこだわりを持つスコット・ペリー氏がGMに就任した後、ニックスは交渉を中断した。『ESPN』によると、ニックスはトレードを希望するアンソニーに考え直すよう説得したが、失敗に終わったようだ。

最終更新:8/12(土) 15:05
ISM