ここから本文です

今夜、ペルセウス座流星群の活動がピーク!

8/12(土) 18:40配信

ウェザーニュース

 今夜は3大流星群(※)のひとつペルセウス座流星群の出現ピーク!夏休みの夜は家族で星空を見上げてみよう。
 ※3大流星群…1月しぶんぎ座流星群、8月ペルセウス座流星群、12月ふたご座流星群


【12日(土)夜~13日(日)明け方の天気】
 沖縄や西日本では、広範囲で晴れる所が多くなり、流星観測を楽しめそうです。

 宮崎や山沿いのエリアでは午後からニワカ雨や雷雨の可能性があり、雲が夜まで残る可能性があるため、ややチャンスあり。山陰や近畿北部、また、北~東日本では雲が多く、星空を見るのは難しそうです。


【どんな流星群?】
 ペルセウス座流星群は、毎年お盆の時期に出現します。条件がよければ1時間あたりに40個以上の流星を観測することができます。

 この流星群の母彗星はスイフト・タットル彗星で、約130年周期の楕円軌道で太陽のまわりを回っています。ピーク日以外でも、特に前後数日は活発に活動する様子を観測するチャンスがあります。


【いつ・どこに見える?】
・出現期間:7月17日(月)~8月24日(木)
・ピーク :8月13日(日)4時頃
・観測のオススメ日時:12日(土)21時頃~13日(日)明け方

 今年は明るい月が出ているため、見える流星の数は例年よりやや少なく、ピーク時に条件のいい場所で観測しても1時間あたり35個程度となると予想されています(国立天文台HPより)。

 流星群はペルセウス座の周辺のみに出現するわけではなく、夜空のどこにでも現れます。月明かりを直接目に入れないようにしながら、広く空を見るのがオススメです。

ウェザーニュース