ここから本文です

【フェニックス賞】好発決めてゴールドクイーンが逃走V

8/12(土) 14:38配信

サンケイスポーツ

 8月12日の小倉9R・フェニックス賞(2歳オープン、芝1200メートル、別定)は、松若風馬騎手騎乗の8番人気ゴールドクイーン(牝、栗東・坂口正則厩舎)が逃げ切り勝ち。タイムは1分9秒6(良)。デビュー勝ちは6月阪神のダート1200メートル。6番人気で好位から抜け出している。初芝でオープンの今回は、抜群のスタートダッシュから一度もハナを譲ることなく、後続の追撃を振り切って無傷の2連勝。

 1馬身半差の2着には先行策から粘り込んだレグルドール(6番人気)、さらにハナ差遅れた3着に中団追走から鋭く伸びたアイアンクロー(1番人気)。

 フェニックス賞を勝ったゴールドクイーンは、父シニスターミニスター、母サザンギフト、母の父タイキシャトルという血統。

 ◆松若風馬騎手(1着 ゴールドクイーン)「初戦同様にいいスピードを見せてくれました。芝もこなしてくれたし、これからの選択肢が広がりましたね」

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ