ここから本文です

ソフトバンク、1点守って首位堅持 千賀は7回無失点で2年連続2桁勝利

8/12(土) 16:31配信

サンケイスポーツ

 (パ・リーグ、ソフトバンク1-0日本ハム、19回戦、ソフトバンク14勝5敗、12日、ヤフオクD)ソフトバンクが三回に奪った1点を守り、3連勝で首位を堅持した。先発・千賀は7回を投げ9三振を奪うなど5安打無失点で2年連続2桁勝利となる10勝目(2敗)。日本ハムは5連敗となった。

 ソフトバンクは三回、相手先発の上沢から2つの四球を選んで二死一、二塁とし、5番・デスパイネが中前に落ちる適時打を放って先制した。先発・千賀は四回二死から5番・大田、6番・田中賢に連打されたが、続く岡を空振り三振に仕留め、ピンチを脱した。八回は岩崎、モイネロとつなぎ、最後はサファテが締めた。