ここから本文です

激太り、暴言…お騒がせグラドルから“保育士”に! 元アイドルのビックリ転職

8/12(土) 20:01配信

dmenu映画

「カントリー・ガールズ」の“ももち”こと、嗣永桃子が6月30日をもって引退。15年の芸能人生に幕を閉じました。

とことん貫かれたぶりっ子キャラやトレードマークのツインテールヘアに象徴されるように、嗣永桃子は同業者であるアイドルたちが尊敬する“プロフェッショナルなアイドル”でした。そんな彼女が引退後に選んだのは、なんと児童教育の道。すでに幼稚園と小学校の教員免許も取得しており、新しい人生のスタートを早々にきる予定のようです。

近年、嗣永桃子のように芸能界を引退後、まったく別の道を歩むアイドルたちが増えています。そこで今回は、思いもよらぬ驚きの転職をした元アイドルたちを紹介します!

高認合格からアナウンサーの道へ…紺野あさ美

2001年にモーニング娘。の第5期生としてデビューした紺野あさ美。彼女はもともとアイドルを目指していたわけではなく、あくまでモーニング娘。は憧れだけの存在だったそう。人気メンバーになった後も、卒業してからのタレント生活を考えると不安で堪らなかったといいます。

そして2006年、ついに一念発起した彼女はグループを卒業し、芸能界を引退することを発表。大学に入学し、アナウンサーを目指すと公言しました。

しかし、高校に行かずにアイドルの仕事をしていた紺野あさ美は、モーニング娘。卒業直後の学歴は中卒。その後、高卒認定試験を受けて大学に進学し、テレビ東京にアナウンサーとして入社できたのは、まさに彼女の努力の結晶といえるでしょう。

紺野あさ美は2017年5月末をもって、テレビ東京を退社。ヤクルトスワローズの杉浦稔大投手と結婚し、今秋には出産を控えています。彼女の努力があれば、きっと幸せな家庭を築くことができるでしょう。

起業家に転身しアイドルプロデューサーへ!?…伊藤祐奈

2015年にアイドリング!!!を卒業し、芸能活動を終えた伊藤祐奈。彼女は2016年に現役の大学生ながら株式会社TKMKを設立。資本金の用意から立ち上げの事務処理まで、すべて自身で行い、アイドルから起業家へ見事な転身を遂げています。

さらに2017年2月には、女性アイドルプロジェクト「TKMK新アイドルオーディション」をスタートさせました! 自らメンバーオーディションに立ち合い、次世代アイドルのプロデュースを敢行。オーディションを勝ち抜いた7名のフレッシュな美少女たちによる「TOY SMILEY」が、2017年4月より活動を開始しています。

夢は大きく、日本武道館でのコンサートを目標に掲げた「TOY SMILEY」。自身のこれまでの経験を生かして行う伊藤祐奈流のアイドルプロデュースで、どこまで昇りつめられるのか!? これからの活動に要注目です!

1/2ページ

最終更新:8/12(土) 20:01
dmenu映画